お客様へ

日々の生活でのルールとトラブルの対処法


部屋と設備について

部屋と設備について

設備を乱暴に使用したり、間違った使い方をすると故障の原因になりますので、部屋と設備は大切に使用をして下さい。
部屋の設備に不具合がありましたら、応急処置を施した上で、すぐに貸主又は管理会社までご連絡下さい。
放置して悪化させる事のないようにして下さい。


鍵の取り扱いについて

鍵の取り扱いについて

部屋の鍵は、生活やプライバシーを守る大切な物です。
鍵を紛失した場合はすぐに貸主又は管理会社に連絡をしてください。
又、契約関係者以外が鍵を保有する事がないようにして下さい。


騒音について

騒音について

アパート・マンションなどの共同住宅では、ある程度の音は生活音として許容されます。
しかし、深夜・早朝の入浴や洗濯、掃除、テレビ等の音や友人と騒いだり、大声の電話等は、隣住民への騒音となります。又、ドアの開閉や足音等も時間帯によって騒音となります。
騒音トラブルを避けるためにも、近隣住民への音の配慮は必要になります。
あまりにもひどく我慢できない状況であれば、貸主又は管理会社までご連絡下さい。
解決できるようご協力をさせて頂きます。


アパート・マンションの共用部分について

アパート・マンションの共用部分について

建物の共用部分にあたる、廊下や階段は他の入居者も使う場所です。
ここに私物を置いたり、ゴミを置いたりしないようにして下さい。
通行の妨げになるような物は置かないようにして下さい。


ゴミについて

ゴミについて

ゴミは指定されたゴミ袋を使用し、決められた場所、曜日、時間に出して下さい。
又、むやみにゴミを投げ捨てたり、放置しないようにして下さい。
当社でお渡ししたゴミカレンダーやゴミの捨て方の本で確認して下さい。わからない事があれば当社に連絡して下さい。わかりやすく説明をさせて頂きます。

※お住まいの市のルールに従ってください。

■八王子市はコチラ >>
■町田市・相模原市


水周りのトラブル

洗濯機・浴室・トイレからの水漏れ事故を防ぐ為に

水漏れは建物だけではなく、階下の入居者にも大きな被害をもたらします。
洗濯機の排水や洗濯機の蛇口等は常に確認して下さい。
排水等のつまりも事故の原因となりますのできちんと管理をして下さい。
事故が発生した際は、水を元栓から止め、濡れた床などを拭く等応急処置をしてから、加入済みの保険会社と貸主又は管理会社に事故の報告をして下さい。

【水漏れ事例】
・新聞紙等が積んであった物が倒れて排水にぶつかりホースが外れて水漏れ
・自分で付けた棚が落ちて洗濯機の蛇口にぶつかり蛇口からホースが外れて水漏れ
・トイレを詰まらせ、水を何度も流してしまい、逆流して室内に水が溢れて水漏れ

トイレが詰まったら

絶対に水を流さないで下さい。
便器の排水口いっぱいにラバーカップを押しつけて勢いよく手前に引いたり押したりを繰り返して下さい。

キッチン・お風呂等の排水が詰まったら

針金等で排水のゴミを取るか市販の薬等を使用して下さい。

凍結により水が出なかったら

ポットのお湯やお風呂のお湯等を蛇口にかけてみて下さい。
凍結によるものは入居者本人で対応して下さい。

(八王子周辺でも冬の寒さで凍ってしまい、蛇口から水が出てこない地域もあります。特に冬休みに実家に帰り、長期間、部屋を留守にした際に起こりやすくなっています。又冬季は給湯器が破裂する事もありますのでブレーカーは絶対に落とさないで下さい)。


電気・ガス・水道・インターネットが使用できなくなったら

電気・ガス・水道・インターネットが使用できなくなったら

各自、契約している会社に連絡をして復旧の方法を聞いて下さい。
貸主又は管理会社に連絡を頂いても対応できかねます。


退室・更新の手続きについて

退室・更新の手続きについて

入居者様の都合による退室

当社では、ほとんどのお部屋が解約予告2ヶ月前になっています。(解約予告1ヶ月前のお部屋もあります。)退室する2ヶ月前に退室届けを提出して頂きます。即時退室する事も可能ですが、2ヶ月分の賃料の支払いが必要になります。

契約期間満了による退室・更新 退室するか更新するかを電話・ファックス・ハガキ等で確認させて頂きます。 退室の場合は退室届けを提出して頂きます。

退室までの流れは書面にて説明をさせて頂きます。 更新の場合は契約書通りの手数料と家財保険料のお支払いが必要です。また契約書も取り交わします。